Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.06.15 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

つるりん

つるりんの小隊は、グァム島のジャングルで、かっこ良かったな!

 
グァム島の観光スポットは、マリンスポーツときまっているが、実は本当の

マニアは,旧日本兵の横井さんにちなんで、過酷なジャングルの中に入り、

サバイバルをしながら、疲れた体にムチをうって射撃訓練をするのが、

本当のグァムを理解できるのだ。普通はビーチで泳ぐのだが、私たちは、

ビキニの、ねーちゃん達なんて、てんで目じゃないぞ。へんな魚が、うじゃ、

うじゃしてる密林の濁った沼でおよいだのだ。


ジャングルを歩いていくと、こんな素敵なスポットもあるのだ。


このジャングルの川の中を、あるいていくのだ・たまんないよな。


この部隊には、なんと小学3年生の女子隊員も含まれていたのだ。あちこち

擦り傷を、負いながら、この難関を突破したのだ。す すごいぞ。君は。


途中に隊員達には、きもだめしをかねて,崖からジャンプして

もらった。この写真は、やんくんが飛び降りる瞬間だな。


つるりん隊長が、滝つぼにはまり、おぼれそうになったな。しかし、隊長は

すぐさま冷静さを取り戻し、無事、脱出したのは、いうまでもないことだ。


暑くてへろへろのつるりん隊長。滝にうたれて、ごきげんだー.



射撃訓練場で、ごきげんのつるりんだ。ここでは全員5種類の本物の銃を、

体験してもらった。これで訓練はおしまい。小隊全員の満足感は、はかりしれ

ないものであったに違いない。そこんとこ、すごく重要です。



街の道路の脇に、旧日本軍の95式軽戦車が、みじめな姿で置かれていた。

あまりに非力のこの戦車、アメリカ軍の戦車には全く歯がたたなかった。


この中にいた、3人の兵士のことを思うと、思わず手をあわせました。

後ろのふざけた恐竜たちを見ると戦後67年の時間の経過を感じました。

でも素敵なアイランド、グアム島またこようね。




  • 2012.05.21 Monday
  • 10:37

つるりん

今年の田植えは大変でした。2回も側溝に田植え機を落っことしたのだ。


今年のゴールデンウイークの2日と3日につるりんは田植えを、

やりました。当日はひどい土砂降りで、まいりました。でも、

少しは、晴れ間もありましたので、がんばりましたね。

東京から応援があったし、家族も手伝ってくれましたもんね。


朝、田植え機の前輪を,側溝に落っことしたんだな。

写真では余裕があるように見えますが、本当はかなりめげているのだ。


心配そうに見守る、つるりん田植えチームのみんな。


やっと調子が出てきたな。手なんてふっちゃてよう。しかしなのだ。



アスレチックスのヘルメットなんかかぶって得意になっているが。しかし・・・・



また田植え機を見事に、落っことしてしまったのだ。まいったぜ。セニョリータ。。



最後はこれだよ。道路のふちでクレーンだぜ。まいったぜ、おかあちゃん。

みんなも、自信があるからって、調子こいちゃだめだよ。

これって、すごく重要なんだからね。

  • 2012.05.08 Tuesday
  • 19:19

つるりん

完成しましたね。みんなに見せたくなっちゃうな。

先月、宇都宮で完成しましたHさん宅です。

Hさんファミリーは、とっても仲がよくって、打ち合わせも楽しかったな。

美しい外観は、ドーマ付きの白い家です。ひときわ目立つのは言うまでもないな。

つるりんの大好きな形 (フォーム)の一つですね。



家の形は、ソルトボックスという形です。屋根のついたウッドデッキが、またいいね。



玄関側から見た形。入りやすくプライバシーも守れる玄関だな。



室内は気持ちがいいですね。自然塗料で仕上げた食卓テーブルと床は、

肌ざわりがとっても良くって、スリッパなんて、いらないくらいだな。



美しい窓から見る景色は、やはり美しいものなのだ。

この家は、これからもずーと、Hさん家族を、やさしく見守ってくれるに違いないな。



  • 2012.04.20 Friday
  • 16:41

つるりん

3月25日は、オークヴィルの春の感謝祭でした。


薪ストーブのおかげで、今年の冬も楽しかったし、暖かかったな、なんだか、

さみしいような気分になるのは、春なのに、つるりんだけでしょうか。

今回のイベントでは、みんなニコニコ、カラくじ無しの抽選会の後に、

冬の名物、薪ストーブによるおいしい料理ですよー。

これが、実にうまい。いろんなごちそうができること、できること。

つるりんが,人のぶんまでいただいたのは、言うまでもないことです。



これがすごい、デンマークのキッチンストーブだ。なんと暖房機能と、コンロと、

オーブンを兼ね備えている,優れものなのだ。写真はピッツアができたところ。

これが、ダントツにうまいのだ。



今回は、クルールのお料理教室で大人気の金原恵美先生の薪ストーブ

料理のデモンストレーションと試食会もあったのだ。

鶏肉、スープ、煮込み料理、ケーキ、焼きリンゴ、・・・いっぱいなのだ。



うまそうなスープも、アルミホイールで包まれたのも、食べたいのだ。




今回は、薪ストーブに欠かせない、ダッチオーブン「ココット」を格安にて販売。

素材の味や、風味、ビタミンをにがしません。

つるりんも絶対買ってもらうんだ。 これって すごく重要。

  • 2012.03.25 Sunday
  • 18:53

つるりん

恐怖の看板に出会いました。思い出しただけでも怖いな。




つくば市で、お客様のご自宅で打ち合わせのためピロチロと

でかけました、予定時間より早く着いたので近所のセブン イレブンに

いった時の事、ふしぎな看板に出会いました。

なんと意味が不明なうえ、何が言いたいのか、あまりの恐怖に駆られたのは、

言うまでもないことです。それがこの看板です。



つるりんは、ただ呆然として声がでませんでした。

すが自転車がどうしたんだ。なんなんだこれはいったい。

しかし、つるりんはあわて者だな。よく見たら、なんと、

看板が折れ曲がっていて、よく見えなかったんだな、

ほんとは、こんな普通の文章だたんだね。



まったく人騒がせな看板だよな。ああ怖かったな。

みんなも、折れ曲がった看板には注意してね。これ重要。

  • 2012.03.11 Sunday
  • 18:00

つるりん

アイランド キッチンの傑作だな。


先日、久しぶりに、古河のKさん宅におじゃましました。

今から3年くらい前に、お造りした家です。つるりんの大好きなこの家の、

特徴は、なんといってもダイニング、中でもこのアイランド キッチンだな。

オークヴィル ホームズの精神が、この手造りのアイランド キッチンに、

凝縮している、といってもいいでしょう。

この四角い、アイランド キッチンは、みんなでお料理をワイワイ

できるスペースであり。収納力がたっぷりであり。なにより、

たよりになるぐらい、頑丈なのです。



楽しくなる物が、たくさん入るように棚をつくりましたね。

天板は奥様の大好きなうすいピンクのタイルで仕上げています。



反対側には、引き出しをたくさん造りました。調味料とかがたくさん入るな。

ついでにこの写真のテーブルまで制作したのは言うまでもありません。



そうそう、リビングのここの扉も手作りでしたね。

ご家族のみんなが、大切に使っていただいているシーンを見ると、

つるりんは、うれしくて大感激だあ。

これからも、みんなに喜んでもらえるいい家をつくらないとね。


  • 2012.02.28 Tuesday
  • 12:59

つるりん

インフルエンザがつるりんに襲いかかったのだあ。


2月11日土曜日の夜、つるりんがお風呂に入っていると、寒気が

したんで石鹸遊びもそこそこに早く出て、おふとんに、はいりました。

しかし、翌朝に、38℃以上の熱がでて,ついに ノックアウトだ。

病院に行ったら「インフルエンザ香港A型」でーす。という発表。

「それは ほんこんか!しかし流行には、乗り遅れなかったな」。

なんてくだらないことをいっている、つるりんはその後まる2日以上、

苦しむのを、その時は思ってもみなかったわけです。

というわけで今日元気に出社したのは言うまでもありません。

ウガイ、手洗い、は特にやりましょうね。

だいたいインフルエンザになるひとは気合がたりないね・・・・・。

  • 2012.02.16 Thursday
  • 13:09

つるりん

屋根にドーマーがある家、古河と宇都宮で進行中。


一月に入ったら、現場は寒いこと寒いこと、寒さに弱いつるりんには、

こたえるのじゃ。しかし我がオークヴィルホームズの家は、そんなこと

など関係ないぐらい。素敵な家が続々できているぞ。

この古河と宇都宮の家は、屋根にドーマーという窓つきの小屋根があります。

アメリカやヨーロッパの住宅によくみられるカタチです。



2つのドーマーと広くて、楽しいデッキがいいな。完成がたのしみだな。



打ち合わせ中ですね。風邪ひかないでね。古河市内です。




宇都宮で現在進行中です。大小、2つのドーマーがみえますね。



オ―、かっこいい。いいデサインだな。



ドーマーを内部から見た写真です。変化のある部屋ができますよ。

2件とも完成が楽しみだな、オーナーの笑顔も楽しみだな。

  • 2012.02.02 Thursday
  • 13:29

つるりん

つるりんのおすすめ スポット 「豆時計」さんです。


実は、つるりん邸の近所に素敵な、そいでもって小さな小屋でコーヒー豆を

自家焙煎して販売しているお店があります。「豆時計」さんです。

 なんと、お店の小屋は、オーナーの手造り、ハンドメイド大好き人間の

つるりんは大感激だあ。しかも看板娘はゴールデンリトリバーの「ミルク」ちゃん。

あげくのはては、アンティーク雑貨も販売しているので昭和レトロの大好きな

つるりんは、オールウエイズの映画をみてる気分になっちゃたな。



うれしくて たのしいお店の前、壁がしぶいな。小屋はオーナーが造ったそうだ。




コーヒーが試飲できます。レトロなおでん調理器具があります。



オーナーの笑顔とお話も魅力のひとつだな。



この懐かしいレトロな雰囲気がたまらないな。

気分がめいった時、アイデアが詰まった時、おいしい珈琲がのみたくなった時

ここにくればきっと、いいことがおこるよ。

  • 2012.01.26 Thursday
  • 18:07

つるりん

今年の冬も大活躍、つるりん邸の薪ストーブ。

 
つるりんの、冬の一日のスタートは薪ストーブの火いれからだ。

愛犬のベックの散歩から帰ってくるとちょうどいい火の具合になっているのだ。

ベルギー生まれのエッフェルストーブは、「どうだい、暖かいだろう」と

いわんばかりに、いばっています。冬の間は、しょうがないな。



初公開のつるりん邸の、ストーブの所だ。レンガは使わずタイルで、仕上げてます。



薪は、この時は角材を使用。右にあるのが、炊きつけ用の枝があります。

薪の下に、新聞紙と小さなほうきとチリトリなどを置いています。


薪ストーブライフを楽しむには、めんどうくさがらず、毎日コツコツと

愛情を持って 薪ストーブに接する事につきると、つるりんは思います。

  • 2012.01.17 Tuesday
  • 11:19